【中華料理(チャイニーズ)講座・渋谷料理教室】家庭で出来る中華料理教室



渋谷駅から徒歩5分にあるポケットキッチン チャイニーズ講座のご案内!



チャイニーズ講座
1、油っぽい
2、油を使う料理が多い

特にカロリーが・・・っと思っている方は非常に多いです。
でも、よく考えてみて下さい。
バター・生リーム、こっちの方がカロリーが高いと思いませんか?
女性の中にはダイエットやヘルシー志向の方が多いように思います。
そういう方には、敬遠されがちな「中華料理」
でも、油っぽいと言ってもそれ程ギトギトはしていません。
もちろん店によっても油の使い方は違います。教室で作っていく中華料理はギトギト料理とは違います。

では油を使うという事。
確かに油は使います。肉魚の油通しや、揚げ物もあります。
でも、使うからにはしっかり意味があります!
100℃の湯で茹でる、180℃の油で火を通す。
食感や食材の甘みの出方、違うんです!

辣油.jpg

自宅には必ずある油ではないですかね。日本人の感覚では中華料理=ゴマ油というイメージかもしれませんが、そうではなく鶏油やネギ油の方が一般的。

オイスターソース.jpg

中国産のオイスターソースを使うべきです。
国産と中国産、味が全然違います。味を比べてみてもらうとわかりますが、同じ調味料と思えないくらい違います!自宅には常備しておくと良い調味料です。